3人の子供を持つ保険会社営業マンの子育て日記。

TOP > ★長崎市で人材派遣をお探しならアソウヒューマニーセンターにお任せ!★

★長崎市で人材派遣をお探しならアソウヒューマニーセンターにお任せ!★

2016.11.04

アソウヒューマニーセンター

長崎市は伝統と革新が融合された都市であり、アジアとも深いつながりがあるため国際舞台を相手に仕事をすることも可能です。最近では、ワークライフバランスを実現するために人材派遣の仕事を自ら進んで選ぶ方も非常に多いです。正社員に比べて福利厚生面や昇進・昇級が難しいというイメージをお持ちの方も少なくありませんが、定時に帰宅可能であり転勤などのリスクも少ないため自己実現や家族優先の暮らしを満喫することが可能です。人材派遣がはじめての方も安心していただけるように、地場企業に対して深いつながりを持っているアソウヒューマニーセンターは長崎市においてエリアNo.1の実績を持っています。九州を中心とした地域密着型で人材派遣を手がけているアソウヒューマニーセンターは、他社にはない求人情報も多数取り扱っています。ホームページ上からオンライン仮登録を行い、希望条件に沿って長崎市のお仕事情報をメールや電話で配信しています。専任の人材コーディネーターが一人ひとりに寄り添ったアドバイスを行ってくれるので、条件面や福利厚生といった各種制度から会社の雰囲気に関してまで通常なら入手できない貴重な情報をたくさん提供してくれます。また、長崎市のみならず佐世保市・島原市・諫早市・雲仙市といった県内各地のお仕事情報も紹介しており、各地で出張登録会を開催しているので安心して利用できます。アソウヒューマニーセンターの人材派遣を利用して、ワークライフバランスを実現して楽しい生活を送りませんか。

長崎市 派遣はコチラ

★派遣という働き方に魅力を感じるときとは!?正社員が良いとは限らない!★

2017.6.15

派遣の魅力

長崎市内の求人でも最近は派遣の案件をよく目にするようになりました。正社員として働いてきた人にとっては派遣という雇用形態に不安を感じてしまう人もいると思います。派遣は正社員のように雇用が保証されていません。したがって安定性に欠けてしまいます。それに昇給やボーナスといった臨時収入もありません。そもそも雇用主は人事会社となり、職場は雇用主ではないためです。それでも派遣を自ら希望して働いている人は結構たくさんいます。派遣というワークスタイルが時には魅力になることがあるからです。派遣は、派遣会社に登録し、労働契約に従って勤務します。つまり、残業や休日出勤など契約外の業務がほとんど発生しません。最近は、サービス残業という言葉が当たり前となっているくらい、残業しても手当が支払われることはありません。したがって、派遣であれば定時退社も可能で、そのあとの時間は有効に活用できます。家庭がある方は家族への時間に充て、独身の方は趣味や資格勉強などプライベートの時間を充実させることができます。最近は、仕事だけでなく自分の時間を優先したい人も増えています。そんな人に派遣という働き方は支持されているのです。また、派遣は、正社員のように昇進や出世などと無縁です。そのため、上司に媚びを売る必要もなく、派閥に属する必要もありません。また、働く期間が事前に決まっているため、相性が合わない社員がいても我慢すればすぐに終わりがきます。この人間関係の楽さが派遣の魅力としても取り上げられています。人間関係のストレスは、業務内容よりも深刻となります。特に正社員時代に人間関係で悩んだ人は派遣を選ぶ傾向にあるようです。転職して正社員で入社した場合、次の職場は人間関係が良好かは実際に働いてみないと分からないですから。最後に、派遣の魅力は過度なプレッシャーから解放されます。正社員の場合、すぐに辞めるという前提で入社する人なんて皆無でしょう。もし、転職を繰り返せば経歴への傷がつき、再就職が徐々に困難になってしまいます。したがって、入社しても会社に残り続けるための我慢が必要となります。派遣は、そもそも労働期間が決まっているので、嫌じゃなくても終わりがあります。その代わりに、次の派遣先は容易に見浸かり、経験やスキルがあれば継続してキャリアを磨くことだってできるのです。以上のように派遣はよく正社員と比べられますが、デメリットばかりではありません。長崎市内でも事務やコールセンター、工場など多くの派遣が募集されています。ぜひ正社員と一緒に候補に入れて探してみるとより幅広がり理想のワークスタイルが見つかるかもしれません。

★長崎でもよく見かける派遣とパートの違いは何?どっちがおすすめ?★

2017.6.22

派遣とパートの違い

求人を探しているとここ長崎市でもよく見つけるのが派遣とパートの求人です。どちらも残業がなく、家庭や趣味の時間と両立できると謳っていますが違いは一体何なんでしょうか。また、同じような雇用形態ならどっちが良いのかをここでは検証してみました。まず、派遣とパートの徹底的な違いは雇用主です。人材派遣は派遣会社に登録して提携先の職場に出向するカタチとなるため雇用主は派遣会社となります。いっぽう、パートは人材を募集する会社が自ら募集し採用することから雇用主は職場の会社となります。

次に、雇用期間の違いです。派遣会社は事前に雇用期間が決まっており、更新がなければ終了となります。いっぽう、パートは雇用期間が定まっていないため長期間働くことも可能です。

派遣の場合は事前に交わした労働契約のもと業務をこなすため昇進・昇給が期待できません。ただし、派遣先と派遣会社の間で評価が行われるので、次の仕事ではステップアップも可能です。いっぽう、パートであれば職場の上司が直接評価してくれるので、昇進・昇給も頑張り次第では期待できます

報酬面では、派遣社員は雇用主である派遣会社から給与および福利厚生が支給されるため、中小企業に比べて充実している場合が多いです。時給も派遣社員の方が高い案件も数多く見受けられます。反対にパートの場合は、会社から直接支給されるため、規模の小さい会社であれば年金や健康保険は自己負担というケースも絶対いないとは限りません。福利厚生もバラつきがあります。ただし、業績が高い場合はパートでもボーナスが支給されることもあります。

派遣もパートも双方にメリットおよびデメリットがあります。ここ長崎も同じです。ただし、長崎を含め九州は横の繋がりが強い傾向にあります。人間関係が上手くいけば最高の雇用環境が期待できる一方、逆の場合もあります。派遣として勤務すれば、直接入社するよりもドライな人間関係でいられます。また、職場から更新の依頼があっても自分が希望しない場合は更新を辞退することも可能です。したがって、納得のいく職場に出会いやすいメリットは派遣のほうにあります。求人に応募する場合は、派遣とパートのどちらが向いているか一度考えてみると良いでしょう。

★長崎市内で派遣で働く人へ!3年ルールって知っていますか?★

2017.8.22

派遣の3年ルール

派遣社員には3年ルールという決まりがあるのを知っていますか。これは同じ職場では最長3年しか働けないと労働者派遣法で制定されている決まりです。3年しか働けないのは派遣社員にとっても不利なのではと思う人もいるかもしれませんが、これは企業に正社員登用を積極化させることが狙いです。というのも企業側は、派遣社員を雇うときは人材不足が発生した際の補てんとして利用しています。正社員として採用してしまうと継続して雇用しておく必要が生じてしまいます。いっぽう、派遣社員なら事前に契約期間を決めておき、終了すれば契約の延長を行わなくて済むので人材の調整が簡単になります。仮に無期限で派遣社員を登用できればどうでしょう。企業は正社員を採用せずにいつでも人員整理が容易な派遣社員ばかり採用するのではないのでしょうか。これでは社会全体で雇用が不安定な人が増加しかねません。そこで3年という上限を作り、それ以上継続して雇いたい場合は正社員として登用するという仕組みになっているのです。では、3年働いた後の派遣社員は必ずしも正社員になれるかと言いえばそう簡単ではありません。職場からの評価が高ければ直接雇用の話が打診される人もいます。しかし、3年間経つと終了してしまう派遣の方も少なくないのが現実です。企業としてはまた派遣で新たな人材を雇えば良いと思っているのでしょう。ただし、3年で契約が終了した派遣社員も登録先の人材派遣から新たな職場を紹介してもらうことができます。3年間の経験で築いたスキルや知識があるので、前回よりも好条件の求人に出会うことも期待できます。なので、正社員の打診が無いからと言ってそこで路頭に迷うリスクは低いです。また、継続して派遣としてキャリアを積んでいくことができます。余談ですが、派遣と同じように正社員登用を促すために契約社員の場合は5年ルールというものが設けられています。

3人の子供を持つ保険会社営業マンの子育て日記。

ページトップへ戻る

管理人情報

Copyright (C) 3人の子供を持つ保険会社営業マンの子育て日記。 All Rights Reserved.